プラスチックの成形を依頼する【難しい加工でもプロならこなせる】

女性二人

独特な立体木型

試作を作ってもらいたい場合は、試作型を作ってくれる製作所に依頼しましょう。試作の製作所では、依頼者からのデザインをパソコンに映し出します。そのあとにパソコンを使って2Dや3Dの立体像化にします。この時に何度もシミュレーションを行なうのです。この時に設計デザインにズレがなければ、試作を行なうのです。さらに、試作を作るのは、自動機械の役目になります。自動機械が依頼者から受けたデザインに加工を行なってくれます。そのあとに、修正があるかないかを人の目でチェックするのです。その際に、依頼者と違ったデザインであれば、作り直しになります。これらの工程を行なったあとで、依頼者が要望するデザインへと仕上がるのです。

木型の試作は、職人が一つ一つ丁寧に仕上げてくれます。そのため、機械では作り出すことができない独特のデザインにすることができます。さらに、木型は製作コストを抑えることができます。そのため、パソコンで行なう作業よりも時間はかかりますが、納期内には仕上げてくれるでしょう。また、木型の最大の特徴となっているのが、依頼者がイメージしている考えを作り出すことができる点です。パソコンで模型を作る場合ですと図面がなければ試作を作ることができません。ですが、木型の場合ですと、プロの職人が木を削りながら行なうので、理想の試作に仕上がるでしょう。さらに、木型彫りの職人は、数十年の技術をもっている人達ばかりになります。